« ハワイ発ポケ専門店ポケズフィッシュマーケット恵比寿に海鮮切り身に野菜とソースを合わせて | トップページ | スナオクワハラ2020年春夏ウィメンズコレクション美しさは儚く浅い夢のように »

2022年5月21日 (土)

東京都現代美術館のコレクション展Chim↑Pomの新収蔵作品など紹介マーク・マンダース特別展示も

東京都現代美術館では、コレクション展「MOTコレクション Journals 日々、記す/特別展示:マーク・マンダース 保管と展示」を、2021年7月17日(土)から10月17日(日)まで開催する。社会や日常を映しだす作品を紹介Chim↑Pom《May, 2020, Tokyo (大久保駅前) ─青写真を描く─》2020 Courtesy of the artist and ANOMALY Photo: Kenji MoritaChim↑Pom《May, 2020, Tokyo (大久保駅前) ─青写真を描く─》2020
Courtesy of the artist and ANOMALY
Photo: Kenji Morita「MOTコレクション」展では、戦後美術を中心とする収蔵作品約5,500点のなかから、会期ごとにさまざまなテーマや切り口のもとで作品を紹介している。河原温《NOV.21,1985「Today」(1966-2013))より》1985 ©One Million Years Foundation河原温《NOV.21,1985「Today」(1966-2013))より》1985
©One Million Years Foundation今回、1階では「Journals 日々、記す」をテーマに、人びとの生活を一変させた災害、世界規模で開催されてきたオリンピック、あるいは何気ない日常などを背景に制作されてきた作品を、多彩な作家によるアンソロジーのように構成、展示。大岩オスカール《オリンピアの神:ゼウス》(部分) 2019 作家蔵[特別出品]大岩オスカール《オリンピアの神:ゼウス》(部分) 2019 作家蔵[特別出品]新収蔵作品である《May, 2020, Tokyo (大久保駅前) ─青写真を描く─》、大岩オスカールの新作版画やオリンピックに関わる3都市、リオ・デ・ジャネイロ、東京、パリを描いた大作《オリンピアの神:ゼウス》(いずれも特別出品)、そしてや河原温らの作品を、約70点紹介する。マーク・マンダースの特別展示もマーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》2011-15 Photo: Ichiro Otaniマーク・マンダース《椅子の上の乾いた像》2011-15 Photo: Ichiro Otani一方、3階では、によるインスタレーション「保管と展示」を展開する。本展示は、6月まで東京都現代美術館で開催されていた企画展「」の出品作品を、まったく別の構成で展示するもの。同館所蔵作品《椅子の上の乾いた像》と、ボンネファンテン美術館所蔵の《マインド・スタディ》の2点を展示空間の両端に「展示」し、残りの作品をいわば仮に「保管」しているように緩やかに配置する。マーク・マンダース《乾いた土の頭部》2015-16 作家蔵[特別展示] Courtesy of Zeno X Gallery, Antwerp Photo: IMAI Tomokiマーク・マンダース《乾いた土の頭部》2015-16 作家蔵[特別展示]
Courtesy of Zeno X Gallery, Antwerp
Photo: IMAI Tomoki「マーク・マンダース ─マーク・マンダースの不在」展では、個々の作品を精緻に配置することで、“ひとつのセンテンス”が立ち現れることが意図されていた。しかし、マンダースの作品群は、異なる構成にしたがって配置し直されることで、また別の“センテンス”が浮かび上がる。本展示では、個々の作品が“ひとつのセンテンス”を構成する以前の、シンスを欠いた個ディオールスーパーコピー々の単語の集合体として、いわば中間的な状態が提示されることになる。展覧会概要コレクション展「MOTコレクション Journals 日々、記す/特別展示:マーク・マンダース 保管と展示」
会期:2021年7月17日(土)〜10月17日(日)
会場:東京都現代美術館 コレクション展示室 1F・3F
住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
休館日:月曜日(7月26日(月)、8月2日(月)・9日(月・休)・30日(月)、プラダ帽子コピー9月20日(月・祝)は開館)、8月10日(火)、9月21日(火)
開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
観覧料:一般 500円、大学生・専門学校生 400円、高校生・65歳以上 250円、中学生以下 無料
※ 同時開催の企画展のチケットで、「MOTコレクション」も観覧可
※開催内容は変更となる場合あり(最新情報は美術館ホームページにて確認のこと)

■出品予定作家
大岩オスカール、河原温、島袋道浩、竹内公太、Chim↑Pom、照屋勇賢、蜷川実花、三宅砂織、指差し作業員、マーク・マンダース ほか

■同時開催
・企画展「」
・企画展「」
会期:いずれも2021年7月17日(土)〜10月17日(日)

【問い合わせ先】
ハローダイヤル(9:00〜20:00 年中無休)
TEL:050-5541-8600

« ハワイ発ポケ専門店ポケズフィッシュマーケット恵比寿に海鮮切り身に野菜とソースを合わせて | トップページ | スナオクワハラ2020年春夏ウィメンズコレクション美しさは儚く浅い夢のように »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ