« メンズきものテーラーYampSONSから新作ペイズリー柄浴衣や伊藤若冲シリーズのシャツampハット | トップページ | プリーツプリーズイッセイミヤケ2月の新作斜めプリーツのワンピースやモノクロ柄セットアップ »

2022年6月 3日 (金)

ラフシモンズ2017年春夏コレクションメイプルソープに想いを託し20年の歴史を振り返る

(RAF SIMONS)の2017年春夏メンズコレクションが、2016年6月、イタリア・フィレンツェでグッチケースコピー開催された第90回ピッティ・イマジネ・ウオモで発表された。ラフ シモンズ 2017年春夏コレクション - メイプルソープに想いを託し、20年の歴史を振り返る|写真17廃墟になった古いフローレンスのレオポルダ駅でかつての人混みを連想させる会場の中、過去20年のアーカイブ266体をマネキンで展示。過去のものをそのままインスタレーションするのではなく、観衆と一体となるようにマネキンに着せることで、よりリアリティのあるブランドとしシャネルイヤリングコピーての存在を示した。ラフ シモンズ 2017年春夏コレクション - メイプルソープに想いを託し、20年の歴史を振り返る|写真29今シーズンのコレクションは、ニューヨーク出身の写真家ロバート・メイプルソープの財団とのコラボレーションによって実現。メイプルソープの代表的な作品であるモノクロ写真と、ブランドらしいビッグコートやほつれかけたニット、コンパクトなのベストなどのシグネチャーと合わせた。ラフ シモンズ 2017年春夏コレクション - メイプルソープに想いを託し、20年の歴史を振り返る|写真43またショーには、ボタンを外しかけたニットや歩く衝撃で脱げてしまいそうなオーバーサイズのシャツを着用した、メイプルソープの“ドッペルゲンガー”のようなモデルが登場。さらには、アメリカのミュージシャンであるパティ・スミスを思わせる黒いと白シャツの組み合わせなどを通し、メイプルソープの世界観をフィレンツェに宿した。ラフ シモンズ 2017年春夏コレクション - メイプルソープに想いを託し、20年の歴史を振り返る|写真68過去を振り返ることで改めて感じられる、大胆な題材と独創的なセンス。現代にも新しいものとして映るそれらの歴史が、これからのブランドを暗示しているようであった。

« メンズきものテーラーYampSONSから新作ペイズリー柄浴衣や伊藤若冲シリーズのシャツampハット | トップページ | プリーツプリーズイッセイミヤケ2月の新作斜めプリーツのワンピースやモノクロ柄セットアップ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ